●戸籍の証明
窓口課窓口係 5608-6102
窓口課住民記録係 5608-6106
戸籍の謄・抄本などは、本籍地の区市町村に請求してください。墨田区に本籍のある場合は窓口課窓口係または出張所が窓口になっています。印鑑をお持ちください。身分証明書は、原則的に本人請求となっています。
なお、戸籍の附票の写しは、あらかじめ電話で予約した方に、土曜日9:00〜17:00、区役所当直室でも交付しています。戸籍の謄・抄本、除籍・改製原戸籍の謄・抄本、戸籍の附票の写しの申請書の取り次ぎも行い、後日郵送しています。
また、郵便での請求もできますので窓口課住民記録係にお問い合わせください。
手数料は、次のとおりです。
戸籍の謄・抄本…………………1通 450円
除籍・改製原戸籍の謄・抄本…1通 750円
戸籍の記載事項証明…証明事項1件 350円
除籍の記載事項証明…証明事項1件 450円
届書の受理証明…………………1通 350円
毛筆による婚姻届等の受理証明…1通 1,400円
不在籍証明・身分証明など………1通 300円
戸籍の附票の写し…………………1通 300円
*出張所で証明をとれるのは、戸籍の謄・抄本、戸籍の附票の写し、身分証明および不在籍証明に限られます。

届け出の種類
届け出期間
届け出地
届け出に必要なもの
届け出人
出生届
生まれた日から14日以内
1.父母の本籍地
2.届け出人の住所地
3.出生地のいずれかの区市役所・町村役場
〈届書〉1通
〈添付書類〉出生証明書(届書についているので医師、助産婦に証明してもらってください)なお、命名は常用・人名漢字を使用してください
〈持参するもの〉母子健康手帳
〈印鑑〉届け出人の印鑑
〈そのほか〉誕生をお祝いする誕生証書をさしあげますので、お申し出ください
父母、父母以外の法定代理人、同居者、出産に立ち会った医師・助産婦、公設所の長の順
死亡届
死亡の事実を知った日から7日以内
1.死亡者の本籍地
2.届け出人の住所地
3.死亡地のいずれかの区市役所・町村役場
〈届書〉1通
〈添付書類〉死亡診断書または死亡検案書(届書についているので医師に証明してもらってください)
〈印鑑〉届け出人の印鑑
〈そのほか〉死体火(埋)葬許可証が交付されます
死亡者と同居している親族、同居していない親族、同居者、家主、地主、家屋管理人、土地管理人、公設所の長の順
婚姻届
届け出をした日から法律上認められます
1.夫または妻の本籍地
2.夫または妻の住所地のいずれかの区市役所・町村役場
〈届書〉1通
〈添付書類〉夫または妻の本籍が墨田区にないときは、その方の戸籍謄本または抄本 1通
〈印鑑〉夫妻(一方は旧姓)と証人2人の印を押し、夫妻の印鑑をお持ちください
〈そのほか〉未成年の場合は父母の同意書が必要です
夫、妻
離婚届
届け出をした日から法律上認められます
1.夫妻の本籍地
2.夫または妻の住所地のいずれかの区市役所・町村役場
〈届書〉1通
〈添付書類〉本籍が墨田区にないときは戸籍謄本 1通
裁判または調停離婚のときには、裁判確定または調停後10日以内に、裁判判決の謄本・確定証明書または調停調書の謄本が必要です
〈印鑑〉夫妻と証人の2人の印を押し、届け出人の印鑑をお持ちください
〈そのほか〉未成年の子は、親権者を決めてください
夫、妻
転籍届
届け出をした日から法律上認められます
1.転籍者の本籍地
2.届け出人の住所地
3.転籍地のいずれかの区市役所・町村役場
〈届書〉1通
〈添付書類〉他の区市町村に転籍する場合戸籍謄本 1通
〈印鑑〉届け出人各自の印鑑
戸籍の筆頭者およびその配偶者
*転籍届をすることにより、本籍地の表示を地番から街区符号に、また、街区符号から地番に変更することができます
*ほかに認知、養子縁組、養子離縁、離婚の際に称していた氏を称する届け、氏名の変更、死産などについての届け出があります。窓口課へ照会してください。